看護師求人サイト落とし穴

トップ > 看護師求人サイト落とし穴

看護師求人サイト落とし穴

看護師求人サイトは現在だけでも300以上もあります・・これだけ乱立しているとどうしても悪質な使わない方が懸命なサイトも有るのも事実。看護師求人サイトは「利用者が転職をして、はじめて利益につながる」という仕組みのため、登録後に電話で毎日のように電話をしてきたり、無理に強引に転職をすすめてくるサービスもありますので、そういったサイトを使うのだけはゼッタに避けたいところです。

一番多いのが「転職を急がせる」というケースです。 半年後くらいに転職を考えていると伝えているにも関わらず、今スグの転職を薦めてくる看護師求人サイトは数社あります。大手でもノルマのため?に、かなり強引に電話で勧誘してくる場合も。中には「今の職場」まで電話をしてくるところもありますので要注意です。

「この求人は人気なので今応募しないと、埋まってしまいますよ!」など少しでも急かすようなフレーズが出てきたら要注意!かなりの確率でその転職は失敗するでしょう。

次に多いのが「自分の希望する求人が全くなかった」というケースです。

これは特に地方在住のナースの場合は多いです。多くのサイトでは「全国対応」と言っていながら実態は「首都圏中心」であったり、「偏った求人」しかないケースもあります。地方のケースではその地域の求人が0件というケースもよく聞く話です。求人数や非公開求人件数などをどの会社もPR」していますが、あくまで参照としてとどめておきましょう。

他にも「クリニックで週休2日の求人を希望しているのに、紹介してくるのが病院や交替制など希望する条件が違う・・・」というケースも非常に多いです。

看護師の転職サイト選びは思ったより難しいですし、慎重に行うことが大切です。

看護師求人サイトでは以下の条件を満たすサービスのみを利用することを必ず覚えておきましょう!!

自分の希望する求人を探してくれること

気に入らなければどんどん断っても大丈夫なサービスを使うこと

求人先の良い点だけでなく、悪い点も正直に教えてくれること

今すぐの転職ではなくても、どんどん情報をくれること

入社日や手当、給料の交渉は当然で、退社前、入社後のフォローがあること

看護師求人サイトはパートや派遣、単発求人に強いサイトもあれば高収入の求人が多い、公的機関求人、夜勤専従の求人顔多い、土日休みブランク歓迎などサイト毎に特徴があります。家族や職場にもバレずに転職活動やハローワークや看護協会などでは募集されない求人が大半で、2013年以降は看護師求人サイトのみで募集をかけるケースが増えています。非公開求人などは「一般募集」を行うと応募が殺到するような有名施設や好条件の求人が過半数を占めます。関東や首都圏以外で中々良い求人や募集が見つからない場合はぜひ活用してみましょう