看護師求人探しの殿堂。看護師の求人の落とし穴

看護師求人探しの殿堂。看護師求人サイトはダメなの?看護師求人募集や探し方のデータまとめ。転職サイトや求人サイトは危険もあるのです。働きながら誰にもバレない転職方法や職探しについてガイドしています。ツアーナースや派遣バイト、夜勤専従など条件や求人別の注意点も必読です

看護師求人探しの殿堂。看護師の求人の落とし穴について

看護師の転職率は高く、平均で3.2回の転職経験アリというデータがあります。転職は少ない方がいいという風潮が多い日本の中で、看護師や助産師、保健師を含む「医療系従事者」の場合は「転職回数」はキャリアの証になるケースも少なくありません。

転職回数を気にするナースは多いのですが、結論から言いますと「転職回数」はさほど気にしなくても良いでしょう。

むしろ注意するのは「転職した理由」や「転職を考えたキッカケ」など。
転職理由やキッカケに関してはストレートに伝えた方が良い場合もあれば、言い方を変えたほうが良い場合もあります。

最近は転職サイトを用いることで、履歴書経歴書に書く「退職理由や志望動機」を一緒に専任者が考えてくれますので、面接対策を含め以前と比べればかなり楽になったとは言えるでしょう。看護師求人サイトは「単に求人を紹介するだけ」ではなく、トータルで転職を応援してくれるサービスですので、地方などハローワークしか職探しの手段がない地域や地方では利用率もかなり高くなっています。

人気の転職サイトや求人サイトですが、ここ数年でトラブルも増えています。

良い看護師求人サイトの見分け方や、求人票の読み方、企業や病院の思惑など・・・・しっかり事前に把握し、転職活動を成功させることをこのサイトではまとめていますのでご活用下さい。

看護師の平均年収について

厚生労働省の調査で、看護師の平成22年度平均年収は469万円で、月収32万円、年間ボーナス83万円、平均年齢37.5歳、平均年収では女性看護師が、男性看護師を上回っています。過去の賃金推移を見ると年収、月収ともに横ばいで安定して推移しています。

看護師の年収は他の業種と比べれば確かに高いのですが、医療従事者の中で年収400万以上の方の大半は「夜勤あり」という条件で働いているナースです。特に若い人には「夜勤専従」という夜勤のみの勤務を希望される方も多く、給料水準が高いので人気があります。

また給料水準も年々高くなっているのも看護師業界の特徴で、引き抜きやスカウトも最近では目立っています。看護師長や部長クラスのベテランナースを対象に「新規オープン」の施設では水面下で半年前からスカウトを行っている場合が多く、最近では40歳以上のベテランナースを対象とした求人も看護師求人サイトでは多く目立ちます。

看護師の転職の危険性や落とし穴

看護師の転職の特徴としては「他の職種に比べ転職が容易」という点。

看護師不足は深刻な問題であり、高齢化に伴いますます看護師や医療系の資格保持者の需要は高まるのは間違いまりません。
しかし・・・・・転職や職探しが楽、簡単だからこそ「成功する転職」は難しいのが現実です!

ハローワークに行けば様々な施設の募集や求人がありますし、検診施設などの短期バイトやパートの募集も多い。実際に転職を経験舌看護師の49%が「転職をして失敗した・・・・・」と後悔しているのです。せっかく転職をしても半数以上が転職を後悔しているのはなぜでしょうか?

看護師の求人数は多いのですすが、医療施設の特徴として「勤務条件が不透明」というリスクがあります。
大病院や大学病院、公的機関の看護師求人であれば福利厚生も組合などもあったりしますので、勤務体制や職場体制はしっかりしていると思います。 

しかし病院求人の多くは中規模、小規模の病院やクリニック、診療所などが中心です。求人を行うときには「なるべく看護師が集まりやすい条件」を求人票に書くケースが多く、「残業手当あり」と書かれていれも実際には支給されなかったり、わずかな手当でサービス残業となっているケースもあります。
勤務体制に関しても「外来勤務」で募集をしていたが、転職後数ヶ月で病棟勤務に移動されるなどのケースも目立ちます。

ハローワークや看護協会、ナースバンクをはじめとする機関を通じて転職を行う看護師も多いのですが、それらの機関はあくまで「求人側」、つまりクリニックや病院側に立ったサービスです。

本当は知りたい「人間関係」「職場の雰囲気、風土」「有給や残業の有無」「退職者が多くないか?」などの情報はわからないので、「憶測」で判断するしかないのですね。

自分一人で行う転職活動はとっても難しいということだけは覚えておきましょう。

転職活動でリスクを避けるには「客観的なアドバイイス+正確な情報」の2つが必要です。

看護師求人サイトを使う理由はこの2つを入手可能だからです!担当のコンサルタントが求人先に出向いて、職場の風土や環境はもちろん、中には現場の看護師と意見交換まで行いながら、その職場の全貌を把握している会社もあります。

せっかくの転職ですから、今の職場より良い条件、良い雰囲気で働きたいのは皆同じはずです。

看護師求人サイトは働きながらでも登録可能ですし、誰にもバレずに転職活動をスタートできます。希望の勤務地や条があれば、その条件を満たす求人紹介も受けられますし、何より半数以上はハローワークなどには募集、公開されていない看護師求人が大半ですので、まずは2社を目安に登録してみて下さい。


ナースではたらこ

ナースではたらこ

ナースではたらこの特徴、それは膨大なデータです。 全国の医療機関の約90%以上と提携していますので、ナースではたらこで登録をしておけば主要な医療機関求人が入手できることから、最初の1社目として登録するナースが大半です。

看護roo!

看護roo!

看護rooの対応地域は大きく分けて3つに絞られます。一つ目は東海地域。岐阜・愛知・静岡・三重を含む4県。 二つ目は関西。兵庫・京都・大阪・滋賀・和歌山・奈良の6府県です。3つ目は首都圏。東京・神奈川・埼玉・千葉の4都県です。

ナース人材バンク

ナース人材バンク

ナース人材バンクは年間10万人以上の看護師さんが利用する人気の転職支援サービスです。ご希望に合う求人が見つかれば、面接のセッティングや面接のフォロー、給与などの就業条件の交渉などのサポートもしてくれるので、仕事をしながらでも仕事が探せるので人気です。

看護のお仕事

看護のお仕事

看護のお仕事では経験豊富なプロのキャリアコンサルタントが求める職場を紹介してくれます。北海道から九州・沖縄まで、業界トップクラスの求人情報量で、ご希望に合ったお仕事先が見つかります。人気の非公開求人も豊富です。

新着情報

看護師求人サイトはパートや派遣、単発求人に強いサイトもあれば高収入の求人が多い、公的機関求人、夜勤専従の求人顔多い、土日休みブランク歓迎などサイト毎に特徴があります。家族や職場にもバレずに転職活動やハローワークや看護協会などでは募集されない求人が大半で、2013年以降は看護師求人サイトのみで募集をかけるケースが増えています。非公開求人などは「一般募集」を行うと応募が殺到するような有名施設や好条件の求人が過半数を占めます。関東や首都圏以外で中々良い求人や募集が見つからない場合はぜひ活用してみましょう